2010年05月29日

<外交文書>作成後30年「原則自動公開」 外務省が新規則(毎日新聞)

 外務省は25日、外交文書公開を巡り、作成後30年の原則自動公開などを柱とする新たな公開規則を制定したと発表した。同省幹部と有識者から成る「外交記録公開推進委員会」(委員長・福山哲郎副外相)を設置。来月中旬に初会合を開き、これまで非開示とされてきた1950年代の日米安全保障関係の文書の開示を検討する。

 外務省は今後、文書管理マニュアルを作成、担当職員を約30人増員して100人態勢とし、公開作業の迅速化を図る。【吉永康朗】

【関連ニュース】
外交文書:作成後30年で原則自動開示 外務省が新規則
普天間移設:米国務次官補が外務省局長と意見交換
砂川事件:「跳躍上告検討」など外務省公開文書に協議内容
日米密約:外務省有識者委員らを招き質疑 衆院外務委
外交文書公開:作成後30年「原則自動」 外務省が新規則

「競輪」にも仕分けのメス…還付事業など「廃止」と判定(スポーツ報知)
篠山紀信氏を略式起訴 ヌード写真集の屋外撮影で(産経新聞)
<著作権>権利制限の一般規定導入へ(毎日新聞)
オーナーらに40億貸し付け=会員預託金を流用か―岡本倶楽部の不透明資金(時事通信)
安全保障より体面、迷走の果てほぼ現行案(読売新聞)
posted by オオサワ ケンゾウ at 05:47| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。