2010年01月23日

基地問題が争点…名護市長選告示(スポーツ報知)

 米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の移設問題が最大の争点となる同県名護市長選が17日告示され、いずれも無所属で、新人の前市教育長・稲嶺進氏(64)=民主、共産、社民、国民新、沖縄社大推薦=と、再選を目指す現職の島袋吉和氏(63)=公明支持=の2人が立候補を届け出た。名護市辺野古沿岸部に移設する現行計画の是非が争点の市長選は4回目で、これまでは容認派が勝利。容認姿勢の島袋氏に反対派の稲嶺氏が挑む構図で接戦が見込まれる。結果は5月までの移設先決定を目指す鳩山内閣の判断に影響を与えそうだ。24日に投票、即日開票される。

 【関連記事】
普天間飛行場 宜野湾市 名護市 を調べる

<藤田まことさん>仕事を再開(毎日新聞)
大阪・羽曳野の発砲事件の容疑者上着に4発装填の予備弾倉  (産経新聞)
<政教分離>市有地に神社は違憲 最高裁(毎日新聞)
関西2府5県広域連合誕生へ 「道州制」モデルケースに発展か(J-CASTニュース)
「母殺した」と通報、公衆便所に車いす女性遺体(読売新聞)
posted by オオサワ ケンゾウ at 13:43| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。