2010年03月23日

52歳小学教諭が卒業式練習で暴言「6年生は粗大ゴミ」(スポーツ報知)

 福岡県田川郡香春町(かわらまち)の町立小学校に勤務する男性教諭(52)が、卒業式の練習の際、児童に向かって「6年生は粗大ごみで、卒業式は大掃除の日。クリーン作戦だ」と発言していたことが17日、分かった。同町教育委員会によると、教諭は暴言について児童や保護者に謝罪。校長に口頭で厳重注意され、反省しているという。

 同町教委によると、同校は全校生徒89人で1学年1クラスの構成。教諭は、教師歴約30年のベテランで、5年生の担任と生活指導を担当している。12日に、5年生と6年生の児童計29人を体育館に集めて卒業式の練習をした際、6年生を「粗大ごみ」と表現した。この発言により、ショックで泣き出す複数の女子児童もいたため、教頭が「言い過ぎではないか」と、この教諭を注意。その場で教諭が「申し訳なかった」と児童に謝罪した。

 学校は、この日の卒業式の練習は、この発言による児童への影響を考慮して途中で打ち切り、事実を同日中に同町教委に報告したという。教諭はその後、6年生のクラスを訪れて再び謝罪し、放課後には校長とこの教諭が、その場にいた6年生16人の全家庭を訪問し、児童と保護者に謝罪した。保護者からは「許せない」という声もあったという。

 問題発言があった日の卒業式の練習前、6年生の一部児童が、この教諭が担任をするクラスの窓ガラスをふざけてたたき、この教諭が注意するという出来事もあったという。町教委は「熱心な教諭だと聞いているが、どんなことがあったにせよ、許される発言ではない」としている。

 この教諭は「頑張って卒業式の練習に取り組むよう求めたつもりだったが、子どもの心を傷つけてしまった」と反省していて、校長も「不適切な発言だった。職員への人権教育が徹底できていなかった」と話している。
あすの出席を拒否する声も 卒業式は19日に予定されているが、この教諭の参加については賛否両論。学校は「みんなでいい卒業式にしたい」と参加させる方向だが、一部の保護者や児童から「出てほしくない」との声も出ているため、17日に全校生徒の保護者を学校に集めて理解を求めた。18日に校長が判断を下すという。


 【関連記事】
田川郡 香春町 クリーン を調べる

<子供性描写規制>都議会総務委、継続審議決める(毎日新聞)
「日米同盟揺るぎなく継続」首相が防衛大卒業式で(読売新聞)
2歳男児が一晩連れ回され保護 50代の男逮捕へ(産経新聞)
小林千代美議員の会見要旨(読売新聞)
「密約でないというのは誤認」…西山太吉氏(読売新聞)
posted by オオサワ ケンゾウ at 19:15| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月19日

不正経理問題で1700人超処分=知事は減給−神奈川県(時事通信)

 神奈川県は18日、県の不正経理問題で松沢成文知事をはじめとする1721人を処分すると発表した。県では過去最大の処分者数で、会見した知事は「大変な不祥事に発展し、県民に心からおわびする」と陳謝した。
 処分の内訳は知事が減給10分の6(1カ月)、副知事3人が給料10分の3(1カ月)を自主返納する。公金を私的流用した税務課元職員の当時の監督者だった総務部長を減給10分の1(1カ月)、議会局長ら4人を減給10分の1(3カ月)とした。
 さらに、元職員が流用した公金で購入したパソコンやデジタルカメラを受け取るなどした職員5人を戒告とした。そのほか、不正経理にかかわった職員を文書訓戒、厳重注意などの処分とした。
 県では、2003年度から7年間で、県警分も含め約27億4000万円の不正経理が発覚。私的流用した職員3人を懲戒免職としている。 

【関連ニュース】
入管元職員に実刑=在留手続き汚職
給与支払いで強制執行求める=市長告発も
女性触った職員を懲戒免職=NHK
ほかの少年2人にもわいせつ行為=少年院教官を再逮捕
職員への給与支払い命じる=阿久根市の懲戒免職問題

雑記帳 「龍馬銀貨」5月発行(毎日新聞)
覚せい剤使用目的を示唆=JAYWALK中村容疑者−警視庁(時事通信)
スカイマークを特別安全監査、国交省が厳格対応(読売新聞)
B型肝炎訴訟 10地裁で初の和解勧告 札幌地裁「救済範囲を広く」(産経新聞)
小沢氏関連団体 4億超、現金で保管 7〜19年 資金移動隠す?(産経新聞)
posted by オオサワ ケンゾウ at 11:43| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月18日

社会医療法人、83法人に(医療介護CBニュース)

 厚生労働省の集計によると、社会医療法人として認定を受けた医療法人は3月5日現在83法人で、今年1月1日時点の79法人から4法人増加した。

 新たに認定を受けたのは、▽「禎心会病院」を運営する禎心会(札幌市)▽「友愛会恵愛病院」を運営する友愛会(北海道登別市)▽「日鋼記念病院」と「天使病院」を運営する母恋(北海道室蘭市)▽「総合心療センターひなが」を運営する居仁会(三重県四日市市)―の4法人。
 北海道にある3法人は3月1日付、三重県の居仁会は5日付の認定。2月に認定を受けた医療法人はなかった。三重県の法人の認定は初めてで、これにより社会医療法人に認定された医療法人があるのは34都道府県になった。

 認定を受けるために実施基準を満たすことが必要な事業については、母恋の日鋼記念病院が救急医療、災害医療、小児救急医療の3事業、天使病院が周産期医療、禎心会の禎心会病院が救急医療、他の2病院が精神科救急医療の要件を満たしている。


【関連記事】
社会医療法人、79法人に
メディカルアライアンスの格付け据え置き―JCR
社会医療法人の認定基準緩和を―医法協
4疾病5事業に関する調査結果を公表―全国自治体病院開設者協議会

愛子さま3日連続登校、5時限目だけ(読売新聞)
弁護士預かりの6800万円着服=容疑で元事務員の社長再逮捕−警視庁(時事通信)
<スギヒラタケ>強い毒性、腎機能正常でも 高崎健康福祉大(毎日新聞)
<火災>2棟焼き独居の86歳死亡 大阪(毎日新聞)
乗用車同士が正面衝突、4人が心肺停止(読売新聞)
posted by オオサワ ケンゾウ at 17:53| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。