2010年01月30日

弁護側冒頭陳述「彼にとって掲示板とは何なのか」 秋葉原殺傷初公判(産経新聞)

 加藤智大(ともひろ)被告(27)の弁護側の冒頭陳述要旨は以下の通り。

                  ◇

 この事件で明らかにされないといけないことは3つあります。1つめは、彼がなぜこの事件を起こしたかということ。2つめは、彼が事件で何をしたのかということ。そして、3つめは彼にどのような責任をとらせるか、ということです。

 彼が事件で何をしたのかは、検察官が法廷で明らかにするものです。彼の責任は審理が終わった後、裁判所に判断していただくものです。そして、弁護人は、彼がなぜこの事件を起こしたのかについて、明らかにしたいと思います。

 まず、彼の生い立ちについてです。彼は青森市内で労働金庫に勤める父と、母の間に生まれました。3つ下に弟がいて、父は市内に一軒家を購入し、家族4人で生活していました。彼は子供のころから、人一倍、車が好きでした。小学校では4年、5年生で将棋クラブ。6年のときは陸上部に入り、県大会にも出場しました。中学でも3年間ソフトテニスをやっていました。

 中学校でも成績優秀で、学級委員や合唱コンクールの指揮者も務めました。高校は県内一の進学校に進み、放課後は友達の家に行って過ごすなどしました。高校の友達とは、就職して青森を離れた後もつきあっていました。

 高校卒業後は、将来車の仕事に就きたいと考え、岐阜県の自動車短期大学に進学しました。短大時代は、バイクでツーリングしたこともあります。高校の友達ともメールでやりとりして、一人暮らしの友人の家に遊びに行ったこともあります。

 短大卒業後は、仙台の警備会社に就職しました。最初はアルバイトでしたが、仕事ぶりが認められ、警備員の配置などを任せられるようになり、正社員に昇格しました。その後も埼玉の自動車工場や青森の運送会社に勤務しました。運送会社では、小学校の給食に出される牛乳を運んでいました。仕事ぶりはまじめで、無断欠勤などはありませんでした。その後、彼は静岡の自動車工場で塗装の仕事をしていました。

 彼の交友は高校の友達だけではありません。同僚と居酒屋に行ったりカラオケに行ったり、東京に遊びに行くこともありました。趣味は運転で同僚を誘い、ドライブやカート場でレースすることもありました。これが彼の生い立ちです。これまで事件を起こすようなことは決してありませんでした。また、極悪非道な人生を送ってきたわけでもありません。では、彼がなぜこの事件を起こしたのか。2つの視点で考える必要があると思います。

 まず、1つめはこれまで述べた彼の生い立ちを通して、彼がどのように育ち、どのようなものの考え方をしていたのか、ということです。そして2つめ。彼にとって掲示板とは何なのか、ということです。彼は数年前から、携帯電話の掲示板サイトを利用するようになりました。最初は人の書き込みを見ていましたが、いつの間にか自分でも書き込むようになりました。書き込みは毎日になり、1日に何度も書き込むようになりました。

 掲示板を通して知り合った人と会ったこともあります。青森から福岡まで、車に乗って訪ねました。掲示板サイトは、彼の生活の重要な一部になっていました。彼がどのように掲示板を利用していたのか、どういう存在だったのかを解明しなければ、動機を明らかにすることはできないと考えます。

 彼はこの事件を起こしてから、『なぜ事件を起こしてしまったのか』と必死に考えています。どうか彼の話を聞くときは、先ほど述べた2点に着目して、話を聞いていただきたいと思います。以上です。

【関連:秋葉原連続殺傷事件】
(7)大量血痕の現場写真、被告はまばたき繰り返し…
(5)「失礼しました」被害者多く順番を間違える検察官
(3)「歩行者天国に突っ込んで多くの人を」計画は恐怖で3度躊躇
(2)メル友女性に顔写真送ると返信途絶え… 検察官「容姿に強いコンプレックス」と指摘
(1)「おわびをさせてください」加藤被告、背筋を伸ばして謝罪

名護市長選 県外移設派、稲嶺氏当選 辺野古案困難に(毎日新聞)
小沢幹事長 滞在先のホテル 大勢の報道陣が詰め掛ける(毎日新聞)
可視化法案、今国会で成立を=民主・平田氏(時事通信)
映画にあこがれ、事務所荒らし=容疑で少年ら4人逮捕−警視庁(時事通信)
「宇宙人はニュアンス違う」=首相の失言擁護−菅副総理(時事通信)
posted by オオサワ ケンゾウ at 00:45| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月28日

「北限のサル」公開初日に逃走=上野動物園から6時間半(時事通信)

 24日午前9時半ごろ、東京都台東区の上野動物園で、ニホンザル1匹がサル山から逃げ出した。サルは園外に出て上野公園内を転々とした後、飲食店の地下に通じる階段に潜んでいるところを見つかり、動物園職員が午後4時10分、網などを使って捕獲した。
 動物園によると、このサルは青森県の下北半島に生息する国の天然記念物「北限のニホンザル」で、雄の「カジキ」。年齢は不詳だが、まだ若いという。
 24日が一般公開の初日で、ほか22頭と一緒に非公開の寝室からサル山に移された直後、高さ約4.5メートルの塀を駆け上がり、逃げ出した。カジキは興奮しており、サル山にいれば安心と認識するまでの間、おりの中で過ごすという。 

【関連ニュース】
〔写真特集〕動物の赤ちゃん
輸入ワクチン、初の特例承認=欧州2社の新型インフル用
国産か輸入、被接種者が選択可能=新型インフルワクチンで厚労省方針
本物が出るお化け屋敷?=26年の歴史に幕
凍死後、動物にかまれる?=駐車場遺体、近くの女性

<警察庁>若い女性の防犯対策、不動産業界に呼びかけ(毎日新聞)
谷垣氏が首相追及へ=衆院予算委で本格論戦スタート(時事通信)
<社保庁>複数の元幹部「宙に浮いた年金」発覚前から認識(毎日新聞)
宗教法人代表、準強姦容疑で逮捕=女性信者に乱暴−茨城県警(時事通信)
<強盗致傷>95歳女性、病院搬送 室内荒らされる 東大阪(毎日新聞)
posted by オオサワ ケンゾウ at 20:59| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月27日

室内物色、気づかれ殺害か…59歳男再逮捕(読売新聞)

 東京都港区南青山のマンションで昨年11月、飲食店経営五十嵐信次(のぶじ)さん(74)が殺害された事件で、警視庁は20日、器物損壊罪で起訴済みの住所不定、無職伊能和夫被告(59)を強盗殺人容疑で再逮捕した。

 伊能被告は黙秘しているが、同庁は、伊能被告が盗み目的で侵入した室内で、五十嵐さんに気づかれたために殺害したとみて、殺害に使われた刃物の特定を急いでいる。

 発表によると、伊能被告は昨年11月15日午後3時頃、五十嵐さん方で室内を物色し、五十嵐さんの首を刃物で刺すなどして殺害した疑い。この前後、現場近くの防犯カメラに伊能被告と似た男が映っていた。

 同庁幹部によると、伊能被告は昨年5月に出所し、埼玉県内の生活保護受給者用施設で寝泊まりしたり、建設現場で働いたりしていたが、事件当時は仕事をしていなかった。事件の2日後、器物損壊容疑で上野署に現行犯逮捕された時の所持金は数百円だった。

<ハイチ大地震>AMDA代表ら被災者支援に出発(毎日新聞)
「大阪にカジノを」橋下知事、ベトナム・シンガポール視察へ出発(産経新聞)
<脳>運動で若返る マウス実験で証明(毎日新聞)
水俣病未認定訴訟、和解勧告へ=原告と国、主張隔たり−今後の協議難航も・熊本地裁(時事通信)
谷垣氏も首相と小沢氏追及へ 自民、集中審議開催要求(産経新聞)
posted by オオサワ ケンゾウ at 11:41| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。